旦那はパン職人に適した腕

なかなか、どうしてもパンが食べたくなってきた。

それが焼きたて!!ジャぱんなんです。

 

ブランスパン、ドイツパンがあるんだから、日本にジャぱんがあってもおかしくない。

なんていう考えで始まったお喋りなんですが。

フランク、止めはかなり、混乱した状態で終わってしまいました。

 

そのせいで極めて、切歯扼腕だったんですが。

原則、何かと埋め込み過ぎたんでしょう。

なので、それも仕方がないんですが。

 

ヒロインの東和馬の在宅はアメリカ合衆国農家です。

なのに、どうしてパン職人になったの、ここからお喋りが始まるんです。

 

足がかりは姉に連れて行ったベーカリーちゃんです。

そこで生まれて何とかパンを食べてそのおいしさに目覚めてしまったわけです。

で、大好きなおじいさんにも食べてもらえるような納豆にも見合うパンを作ったのが足がかりです。

 

しかも、旦那はパン職人に適した腕、お日様の腕の保ちぬしだったんです。

まで、言葉の経路に都合のいい伸長なんですが。

 

そこは何となく、作者の事由ってことなんです。

も、こういう作品って某パンクレアトゥールがコラボして作品当事者のパンが現実に販売されたこともあったんですよ。

何度か購入したことがあるんですが。

どのパンもとってもおいしかっただ。