そうして母親から告白をされたとしても

近頃ボクは40値段ですが、昔に比べると結構母親のタイプが変わったなと自分でも想うことがあります。それはどのようなことかと言いますと、ティーンエージャーや20代の時折確かに人となりは良いに越したことはありませんが、8割~9割方は傍目注目でした。細身ながらも脚がスラッとして綺麗で、、母乳が大き目がすばらしく、外見も小さくてなどとかなりテンプレート君ものの最高を掲げていました。

 

そうして母親から告白をされたとしても自分の傍目の最高と違うので付き合えないと、今考えると自分だってあまり姿は満足ではないのに、すこぶる上から目線で母親を見ていた感じがします。

 

ただし社会人になって色々な荒波に揉まれながらも経験を積んだ行くと、母親を見る目も変わってきました。確かに傍目も大切ですが、ただしそれよりも人間に関する接し方が良かったり、素敵という見解とは違って含み笑いが素敵だったり、他人が気づかない気転が効いたり、可愛く気がついたりなど、どちらかと言うと容姿の傍目よりもキャラクターや組立を重視するようになって来ました。

 

また昔からの言い伝えで素敵は3日光であきると言いますが確かにそれは本当でして傍目だけ良くても人となりの感触が合わなかったら保存もしませんし一緒にいても趣が悪くなってしまいます。ですので40値段になると一緒にいて居心地が良い落ち着いて、テンプレートのように素敵ではなくても含み笑いが素敵なほうが歓迎になって来ました。

このように年齢特別母親の歓迎はなるのだと思うと明るいなと感じました。